シワの種類と原因

美容皮膚科では、様々な肌に関する治療が展開されています。美容皮膚科で数多くの治療が展開されているということは、それだけ色々な肌トラブルを抱えた利用者がいるということです。
肌は、人によって異なっています。1人1人、人間の顔が違っているように、肌も違います。また、体質などもあるため、スキンケア成分の効き方、適応性なども異なっています。
そのため、美しい肌を手に入れるための治療法も1つではなく、様々な肌質の方に対応できるよう、あらゆる方法が用意されています。

そんな美容皮膚科。一体、どんな悩みを抱えて訪れる利用者が多いのでしょうか?
美容皮膚科を訪れる方の悩みで多いのが、まずシワの悩みです。

若い頃は、無縁だと思っていたシワ。しかし、加齢を重ねるごとに、肌上にはどんどんシワが形成されていきます。一体何故なのでしょうか?
まず、シワには種類があることをご存知でしょうか?シワが形成される理由は、シワの種類によっても異なっています。
シワの種類と、そのシワが形成されてしまう原因について、ご紹介いたしましょう。
シワには、ちりめんジワ、表情ジワ、真皮ジワの3つがあります。
ちりめんジワは、いわゆる小ジワのことです。乾燥肌に出来やすく、目元、口元といったパーツに出来ることが殆どです。そんなちりめんジワが形成されてしまう原因は、保湿力の低下です。
保湿力が低下すると、肌の細胞同士が乱れ、キメが失われます。肌の弾力も失われ、ちりめんジワができてしまうというわけです。
次に、表情ジワです。表情ジワは、笑顔や普段の表情によってできるシワのことです。
「え?笑っただけで、泣いただけで、その時にできるシワが残ってしまうの?!それじゃ、私、ずっと無表情でいたい!」こう思われる方は多いでしょう。
でも安心して下さい。肌が十分に保湿されている状態であれば、表情ジワが肌に残ってしまうことはありません。ただし、肌が保湿力に欠けており、乾燥状態にある場合、ちょっとした表情ジワでも癖づいてしまいます。表情豊かに毎日を送りながら表情ジワを防ぐためには、保湿が欠かせないというわけです。
最後に真皮ジワです。真皮ジワは、老化によってできてしまうシワの代表といえます。紫外線や老化によって肌からコラーゲンやエラスチンがなくなり弾力不足が起こると、真皮ジワができてしまいます。
また、肌の中の筋力が低下することでも、真皮ジワは形成されてしまいます。

上記で3つのシワの種類について紹介しましたが、みなさんお気付きでしょうか?
シワができてしまう最大の要因は、乾燥です。シワ知らずの肌を持ちたいというそんなあなたは、十分な保湿を心掛けて下さい。肌のキメ、弾力をつくるのは、保湿です。